丹波篠山茶を売り出そう

※オンライン対応プログラム
日本にはお茶の産地が点在しており、丹波篠山もその一つ。歴史ある日本茶の産地として続いてきました。しかし、時代の流れとともに日本茶の消費構造は大きく変化し、新たなビジネスモデルが求められています。日本茶について学び、現場の課題や他地域の事例を参考にしながら、丹波篠山茶を売り出すためにはどうしたらよいか一緒に考えていきます。そのプロセスを通じて、地域資源を活用したビジネスモデルの要点を見つけていきましょう。

本セミナーで学べること

・茶産業の構造と課題を知る
・日本茶を活用した新しいビジネスを考える
・地域資源を活用したビジネスモデル策定の要点を知る

期間 : 2023年6~2024年1月
定員 : 8名
回数 : 計6回

受講生に向けての留意事項

・日程以外に現地視察などを設定する場合があります

プログラム

第1回 7/14(金) 19:40 - 21:10
日本茶の基本と茶産業について学ぶ
第2回 8/20(日) 10:40 - 12:10
丹波篠山茶生産組合への現地視察
第3回 9/22(金) 19:40 - 21:10
日本茶を活用したビジネス事例を学ぶ
第4回 11/5(日) 10:40 - 12:10
丹波篠山茶の活用アイデアワークショップ
第5回 12/1(金) 19:40 - 21:10
丹波篠山茶を活用したビジネスの検討
第6回2024/1/12(金) 19:40 - 21:10
まとめ

講師紹介

講師

梅村 崇 (うめむら たかし)

茶人・日本茶文化プロデューサー →プロフィール

NEWS

2023.2.1 WED
9期生エントリーがスタートしました。

2023.1.10 TUE
2023年度篠山イノベーターズスクールプログラムを掲載しました。
プレスリリースはこちら