VOICE受講生・修了生紹介

受講生の声

仲間からの刺激が新たな農村暮らしの実現へ

碇 由香さん(Webディレクター)

自然と共存しながら持続可能な暮らしを実現する方法を考えたいと思い、入学しました。個性豊かな仲間や講師陣から多様な刺激を受けることができました。具体的なアウトプットに繋げるべく、ビジネスプランを徐々に具体化することができました。

自身の仕事×出会いと学び新たなビジネスへ

森田 房幸さん(農業)

丹波篠山の農産物をもっと色んな人に 知ってもらう為に、起業やマーケティング・色々な方の意見や考え方を知る機会を探していた時に、スクールに出会いました。学びのみならず色々な方との交流はとても刺激を受け、大きな財産なりました。

地域に根差した田舎暮らしのスタートへ

海老原 由貴さん(大学教員)

「田舎暮らしをしてみたいけど、何から手を付けたらいいのかわからない。」そんな悩みがスクールに入学してすぐに解消されました。丹波篠山市で起業や 地域貢献をしたい、という共通の志を持った仲間との学びは、有意義かつ楽しい活動の場です。

受講生プロファイル

年代別

地域別

職業別

男女別

修了後のカタチ

スクール生155名中28名(うち市内10名)が既に起業。10名が事業拡大。

廃校の活用

岸田 万穂 さん

木工家。廃校を活用するNPO法人SHUKUBAの立ち上げ。

自然療法サロンの運営

谷木 美智子 さん

丹波篠山市西紀北地区で寒茶など地域資源発掘や草木を用いたアロマトリートメントを開発。

丹波篠山市への移住

河口 英樹 さん

イノベーターズスクールのコーディネーター。現在は、丹波篠山地域おこし協力隊のコーディネーターとしても活躍。

ベーカリーカフェの開業

児島 佳史 さん

丹波篠山市東部に位置する日置地区にて、ベーカリーカフェの開業を果たした。

草刈り事業の開始

酒井 大輔 さん

丹波篠山市へUターン移住を果たし、親子で草刈り事業「草刈り親子」を開始。

カフェの開業

原田 久美子 さん

篠山城下から京都に向かう宿場町である福住地区にある、廃校になった福住小学校をリノベーションした教室でカフェ開業を果たした。

カレー店の開業

東 千世子 さん

丹波篠山市大山上にあったコミュニティカフェとして使用されていた建物を改装し、2019年7月にスパイスカレー「ヒマラヤンワルツ」を開店した。

地域ブランドの立ち上げ

渋谷 啓子 さん

地域らしさを追求したオリジナルブランド「篠山タータン」を発案し、事務局を設立。多様な主体と連携し、商品開発を実践中。空き店舗でのショップ開業を目指す。

農業を継業×映像制作

橋本 豊彦 さん

篠山市の最北端にあたる草山地区で、農業と映像制作の仕事に携わっている。農業では、米や黒豆、栗などを栽培し、映像制作では自治体関連のPR動画や地元のイベント の記録撮影など大小さまざまな仕事を請け負っている。

地域に根ざした
学びの場づくり

高橋 俊 さん

スクール修了後、農業と教育支援の双方に携わる中で、教育支援の魅力に気づく。「ホウカゴノガッコウ」と名付けられた教室で、篠山市内の小・中・高校生を対象に、教育支援事業を行なっている。

他、起業・継業、地域での実践事例多数。







NEWS

2021.9.14
次年度生の申し込みは、2022年1月以降に受付開始いたします。
しばらくお待ちください。