CBL2017

ローカルメディアをなりわいにするプロジェクト

地域に特化したポータルサイト「枚方つーしん(通称:ひらつー)」の運営ほか、マルシェやコワーキングスペースの運営、物販などを手がけている原田さんに「ローカルメディア」のマネタイズを学びつつ、仲間とともに農村におけるウェブとリアルのビジネスを、つくりあげていくプロジェクト。

本セミナーで学べること

・ネットとリアルでのコンテンツとコミュニティづくりの手法
・地域で生きていく「メディア」の可能性と手がかり
・自分のやりたいメディアを始めるきっかけ
・「ローカルメディア」を収益化する手法

期間 : 2017年10月9日〜(終了いたしました)
回数 : 計8回

つながるその先

・地域の編集者
・地域を拠点にした「コト」づくり、「コト」発信
・現在活動中の「メディア」とのコラボレーション

レポート

第1回キックオフガイダンス ※スクール生共通
日 時:2017/10/9(月祝)10:40-12:10
場 所:農村イノベーションラボ
プログラムの概要説明、各プロジェクトの紹介、 篠山の地域課題や資源についての紹介を行います。
第2回“ローカルメディア”とは何か
日 時:10/21(土)13:10-14:40
場 所:農村イノベーションラボ
ウェブとリアル、様々なビジネス展開の可能性があるローカルメディア。そのあり方や、日々の運営の仕組みを「枚方つーしん」に学び、地域で生きるメディアの可能性について考えます。
第3回ローカルメディアの収益化を考える
日 時:2017/10/28(土) 13:10-14:40
場 所:農村イノベーションラボ
収益化の方法として、ウェブ広告やサブスクリプション(定額課金)のほか、イベントの事業化やマルシェ、コワーキングスペース等の運営などが挙げられます。農村地域にエリアを設定した場合の収益化の方法について、具体的な手法と仕組みを考えます。
第4回地域を生かしたコンテンツ・コミュニティづくり
日 時:2017/11/11(土) 13:10-14:40
場 所:農村イノベーションラボ
ネットやリアルでのコンテンツをいかに作るか、またコミュニティをいかに収益化するかを学び、メディアを通じ、農村の地域を生かしてできることを考えます。
第5回ローカルメディアのブラッシュアップ<その1>
日 時:2017/11/18(土)15:10-16:40
場 所:枚方市内
「枚方つーしん」の辿った設立の経緯を学びつつ、仲間や講師との対話を交えながら、あなたは何のためにローカルメディアをしたいのか?を掘り下げていきます。
第6回ローカルメディアのブラッシュアップ<その2>
日 時:2017/12/2(土)15:10-16:40
場 所:農村イノベーションラボ
ローカルメディア運営によるビジネスモデルを構築していきます。経営のあり方や収益化について、対話を深めながら考えていきます。
第7回ローカルメディアのブラッシュアップ<その3>
日 時:2017/12/16(土) 13:10-14:10
場 所:農村イノベーションラボ
あなたのメディアでどのようにコンテンツづくり、コミュニティづくりをしていくかといった視点からも対話を深め、次の一歩へのイメージを固めていきます。
第8回プラン発表会 ※スクール生共通
日 時:2017/1/8(月祝)10:40-12:10
場 所:農村イノベーションラボ
各プロジェクトの学びの共有、受講生の今後の展望についての意見交換を行います。

講師紹介

講師

原田一博 (はらだかずひろ)

株式会社morondo
担当:ローカルメディアをなりわいにするプロジェクト →プロフィール

NEWS

2023.2.1 WED
9期生エントリーがスタートしました。

2023.1.10 TUE
2023年度篠山イノベーターズスクールプログラムを掲載しました。
プレスリリースはこちら